新年が明けた途端株価は連日下げを繰り返しています。こんなに下げるとは誰が予想できたでしょうか。

このように下げたときには倒産リスクのない銘柄を買いたいものですが、そのためには追加拠出できる資金が必要です。

いつも思うのですが、ある程度上昇したところで売却しないと拠出金は用意できません。いつまでも上がると考えてるからこのようになるのですね。

心が乱されるので投資は難しいですね。

投資に辛抱はつきものだけど

One thought on “投資に辛抱はつきものだけど

  • 2016年3月28日 at 17:23
    Permalink

    下がった時に買い、上がったら売るのが、セオリーだろうけど、思惑通りには行かないかな。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。