ライフプランのワークショップを行なうとキャッシュフローの貯蓄残高がマイナスになる場合がある。このマイナスを解消するためにはライフプランの見直しが必要になる。その際参加者から出されるアイデアは参加者自身の優先順位と思われる。

保険の見直し、車両買換えサイクルの長期化などの後に旅行の中止が出てくる。住宅取得や養育計画の見直しは相当後になるか出てこない場合もある。それだけ優先順位が高いところにある。

syugakuryokou_airplane旅行は家族で行なう貴重な経験かもしれない。日常の経験は習慣の中で行なわれるので感動が少ないが、久しぶりの旅行は大きな感動を伴う。ところが目に見えなく価値も分かりづらいせいか簡単に削られることがある。

家族旅行はわざわざ遠くに行かなくても身近でもいくらでも経験することができるだろう。お金をかけずに経験することはいくらでもある。子供が小さいうちはどこへ行っても変わらないといえるかもしれない。

お金をかけずに家族で経験することはいくらでもあるが、家族のイベントに対して優先順位が低い傾向がワークショップを行いながら感じることがある。

家族のイベントには小学校までは地域の祭や行事、学校での運動会などがあるが、中学校に入ると急に少なくなる。それでも部活や習い事をしていれば試合や発表会などに家族が応援という形で参加することもできる。この間入学式や卒業式が大きなイベントとなる。

子供達が独立してそれぞれが仕事を持ち社会人として生活するようになれば、学生時代のようなイベントはもうない。あの時こういう物を買ってあげればよかったという思いはないが、あの時こんなことをしておけばよかったという思いは親として数多い。