ライフプランを立てる前に考えておきたいことがある。もしあなたが社会人であれば、今の仕事を今後とも続けるのかそうでないのか。また現在住んでいるところに住み続けるのか、それともどこか別の場所に今後引っ越す予定があるか。

そして独身者であれば結婚するのかしないのか、既婚者であれば現状のパートナーとこれからも一緒にいるのかいないのかなどである。

これら誰と、何処で、何をして(仕事)今後を生活していくかがライフデザインである。人それぞれのライフプランはこのライフデザインをベースに形成されていく。

photo_omoideライフデザインを言い換えれば「生き方」であるが、今まで真剣に考えたこともないし、先のことは分からないと思うかもしれない。明日になれば事故にあって病院にいるかもしれない、もしくは宝くじに当たって大金持ちになっているかもしれない。

よって明日のこと、まして来年のことなど考えてもその時になってみないと分からないことが多過ぎると思うかもしれない。ほとんどの人がおそらくそのように思っているかもしれない。

しかし、これまでの過ごしてきた人生を思い出して欲しい。いくつもあった分岐点をその都度どちらに向かうか判断しながら現在に至っているはずだ。

中学校での部活、高校受験、その間の友達、そして大学受験、選択した学部や学科、学生時代に行ったアルバイト、初めて就職した会社、その後の転職先などをどんな基準で選択してきたのだろうか。何気なく決めたことがその後の人生において大きな意味を持っていたこともあるだろう。

一人で全て判断してきた訳ではないかもしれない。おそらく親、兄弟、先生、先輩、同僚、仲間、友人等多くの人の意見を聞きながら最終的に自分で判断してきたと思われる。

他人の考えに同感して判断したこともあれば、自分の考えに合わなくても選択せざるを得ない場合もあったかもしれない。そんな昔の判断基準なんて既に忘れてしまったかもしれない。

しかし、将来のライフプランはあなた自身のライフデザインを下に作成されるので、これまでのライフデザインを思い出してみよう。自身の判断基準には周囲の影響を相当受けていることが多いので、自身を取り巻く環境を整理することから始めてみよう。

 

← ライフプラン自分の棚卸し →