myhome_family_kengaku個人が人生で高い買い物といえば「住宅」次いで「自動車」であろうか。住宅は家族を寒さや暑さから守り、快適な暮らしを実現させるためであり、自動車は日々の生活の便利や楽しい思い出作りのためであると思われる。

「安心、快適な暮らし」「便利、楽しい思い出」は欲求充足、満足、効用などと表現されるが、実体は「幸福」ではないだろうか。

お金がかかる要素として「子の教育費」がある。これも子が将来自立した生活が営めて幸せな生活が送れるための投資と思っているだろう。正に子の幸福は親の幸福である。

幸福を得るために人生長きに渡り多くのお金を費やしているといって良いだろう。「住宅」や「自動車」という物が欲しいのではなく、それらから得られる幸福感を得ようとしている。

気心の知れた仲間との食事において、味さえ良ければ満足するかといえばそうではない。お店の雰囲気や店員のサービスなども会話を盛り上げる要素として重要である。

日々の生活費が全て幸福度を高める消費とは言えないが、まとまった金額の支出は幸福度を高めるために支出されていると思われる。

 

← 02. 身の丈に合わないお金は身に付かない04. お金と幸せは比例しない →