あなた自身が幸福感を感じるときはどんなときだろうか。投稿した記事に返信メッセージがあったときだろうか。趣味の木工細工に没頭しているときだろうか。親しい仲間と美味しい食事をしているときだろうか。
pet_dog_cafe人それぞれに幸福感を感じるだろうが、「人とつながり集う」ことによって幸福感を得ている人は多い。一人で木工細工に集中していても幸せかもしれないが、完成した作品を持ち合って仲間と評価しあえればさらに幸福感は高まるだろう。

西欧人が昼食にたっぷり時間を掛けて過ごすのも、カフェで楽しそうに談笑するのも人とつながり集う現れであろう。最近「おもてなし」が注目されているが、おもてなしにより返される笑顔でこちらが嬉しくなる。

仕事が生きがいという人もいるだろうが、仕事には仲間や相手がいて、相手の期待に応えることがつながりを強くすることになっている。

「人とつながり集う」ことで幸福感が得られるならば、さほどお金はかからない。

 

← 04. お金と幸せは比例しない>>>金融知力ポイント【理性編】へ