tsumitate_manお金が貯まらないという人は収入から消費に充てて残った分を貯めようとしているといわれているが、その通りだと思う。

収入から先に貯蓄分を差し引いて残った分で生活を遣り繰りする順序に変えなければならない。通帳に残高があれば誰だってまだ余裕があると感じ、消費に充ててしまうものだ。

そこで給料から積立分が差し引かれて振り込まれる仕組みが財形制度である。財形制度には一般財形貯蓄、財形住宅貯蓄、財形年金貯蓄の3種類がある。

財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄はその目的が住宅取得ならびにリフォームであり、財形年金貯蓄は老後の年金に充てられる。

目的と異なった使われ方には非課税が適用されなくなる。一般財形貯蓄には非課税制度はないが、使用目的も限定されない。

給料が振り込まれる前に差し引かれるので、(引き出さなければ)気が付いたら貯まっていたということになる。

財形制度は勤務先で採用していなければ利用できないが、そのような人は銀行のリレー積立を利用するのが良い。毎月定額が積み立てられるところは一般財形貯蓄と同様である。

財形貯蓄、リレー積立共に金利が低いので、利息分が増えるのは僅かである。(元本が減らなければ良いと考える)多少リスクを取っても積立ながら増やしたいと思うならば証券会社の積立投信がある。給与口座から毎月定額で投資信託を購入する方法である。

1口1万円のところが多いが5,000円というところもある。毎月少しずつ積立を行うことが貯蓄をする王道であり近道である。初めは少額でも徐々に自信が付いてきたら増額するのが良い。

積立を始めるとき積立分が毎月の小遣いから減額されることに恐怖を感ずるかもしれないが、本当に困ったら取り崩せばいいくらいの軽い気持ちではじめてはどうだろうか。

やがてある程度貯まってきたら残高が簡単に確認出来ないところへ移管する。残高が確認できなければ使い難いものになる。こうすることで減額行為を抑制することができる。

 

← 01. ライフプランの作成03. 人生の3大資金 →